Natural

15846520299793807187441788605655

翻訳については正確さも大事だけど、訳文の仕上がりが自然であることも同じくらいに重要だと僕は考えている。だから、僕は一旦文を訳してから語句を色々入れ替えたり、単語を差し替えたり、あるいは文の前後を逆にしてみたりと、いつもかなり悩む。というか、そこで悩まなければ訳者失格である。共感できない訳文では意味がないし、翻訳調も使うべき時と使うべきでない時がある。自然な訳文こそ、訳文の読み手が種々様々な「物語」を受け入れ、その「物語」に感情移入し、ひと時の知的冒険を心行くまで満喫するための最低必須条件である。

Bangladeshi

BANGLADESH 2

言葉って、面白い。
日本語や英語だけでなく、全世界の言葉が面白いと僕は思う。例えばバングラデシュ語。日本語で「高田馬場」というとバングラデシュ人は笑う。なぜなら「タカ」がバングラデシュ語で「お金」を意味し、「ダノ」と聞こえる「ダウナ」が「ナニナニを頂戴」、「ババ」が「パパ」を意味するので、日本語の「高田馬場」は「パパ、お金を頂戴よ」というような意味になる。まぁ、くだらない語呂合わせだが、若い頃に東京で共に汗を流して働いた日本語勉強中のバングラデシュ人たちの笑顔を僕は一生忘れることはないだろう。

Cool, Calm and Collected

4e3891b8501c1bd1492a2da34bb6fe06

日本語には「冷静沈着」という四字熟語があって僕は好きだ。「沈着冷静」ともいう。「冷静」とは物事に動じず、理性的である様を意味し、「沈着」とは同じく物事に動じず、落ち着いた様を意味する。先行き不透明なご時世だからこそ、慌てず騒がず、「冷静沈着」を心がけたいものです。

Imagine by John Lennon

 

71869524_2452456388408281_3242929530884587520_n

想像してごらん
天国すら存在しない世界を
簡単なことさ
地獄も存在せず
天には空が広がるばかりで
すべての人が今に生きる
そんな世界を想像してごらん

国境のない世界を想像してみよう
決して難しいことじゃない
人を殺めることも
なにかのために死ぬこともない
宗教だってそうさ

想像してごらん
平和に生きる僕たちの姿を
君は僕のことを夢想家だと言うかもしれないが
僕だけのことじゃないさ
いつの日か君も仲間に加わり
世界がひとつになるといい

すべてを分かち合う世界に
君もついてくるかい
貪欲さや飢饉の存在しない
人類結束のことさ

想像してごらん
みんなですべてを分かち合う世界を
君は僕のことを夢想家だというかもしれないが
僕だけのことじゃないさ
いつの日か君も仲間に加わり
世界はひとつになるだろう

Rap, Reggae and the Blues

stussy-hand-picked-j-dilla-favorites-1-5130

ニューヨーク市のブロンクス地区で生れたとされるラップミュージックはジャマイカンレゲェの「トースティング」という、言葉をビートにのせて喋るように歌う歌唱法をルーツに持つ。70年代当時のジャマイカ人が日本製の安いキーボード(カシオ製やサンヨー製)を学校の音楽教室などから手に入れ、クラブやダンスホールでそれらのキーボードに内蔵されたリズムマシンに合わせてレゲェを歌っていたのがニューヨークに飛び火してラップになったとされている。まぁ、しかし、ラップの祖先はたしかにレゲェかもしれないが、僕はラップミュージックのアメリカ文化における位置づけは、むしろブルーズの流れをくむアメリカ最貧困層の、時に楽しく、時にもの悲しく、そして時に殊更美しいアメリカ独自の音楽文化、抒情詩文化だと考えている。(写真:J Dilla)

Narrative Style

文体とは文のスタイルのことだけでなく、言葉を使って物事を考える姿勢、つまり知的アチチュ─ドのことでもある。戦後の日本のある意味自由で知的で洗練された空気や物の考え方は大きくその時代の小説家、 随筆家や文化人の文体、そしてその文体が象徴する物の見方や捉え方、そしてさらに文体のアチチュ─ドや美的感覚に擬えて形成されたものである。(Art by Miki Takahashi) 

Puzzle

0_1570881766006158403190360261137.jpg

僕が翻訳に挑むときはパズルを解くような心境である。ただし、正解はひとつとは限らないし、訳文は時代や状況に応じて変化すべきだと思うし、僕はいつも自作の訳文を期間無限定で寝かせておいて、完成したものであろうと、より適切な訳やより原文に近い表現やより相応しい単語などがあればためらいなく差し替えることにしている。ネットの時代だからこそできることだが、時間を経て客観視できるようになった頃に編集を加えたり余計な表現を削ったりすると大概文は良くなるし、訳としても理屈の上では永遠に良くなり続けるわけだし、パズルの答えというか、適切で完璧なる訳文というものは必ず複数あると僕は確信している。(“Piet Mondrian Jigsaw Puzzle” by D.E. Stijl)